いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

元旦那色の家

息子と2人だけの生活になり、断捨離もブームなので
秋からはさらに家の中を片付けた。

6年に及んだ家庭内別居で
私の部屋には非常食から小さな家電まで
いざという時には部屋から出なくても暮らせるように
何もかもが持ち込まれていた。
通帳や印鑑さえも泥棒に備えるためでなく
元旦那に見つからないようにと隠していたのである。

もはやこの家に元旦那の影はない。
そう思えるまで片付け切った時
私はとんでもないことに気付いた。
元旦那はあちこちにいたのである・・・。

元旦那の好きな色は緑。
結婚当初から元旦那は家中を緑にしたいと考え
私も別段、嫌いな色ではなかったので反対しなかった。
当時はカラー家電がブームで
どんな家電もカラフルな時代だった。
かくして我が家の新婚家庭は
家電から何から全てが緑色で統一された。

そしてそれはそのまま変わらず継承され
11年前に今の家を新築した時も
壁紙は考えることなく緑色にした。
今、見渡してみても家中のカーテンが緑であり
ソファー、カーペット、コタツ布団、テーブルクロス
システムキッチン、浴室、トイレから小物まで
その全てが緑、元旦那の色なのである。

だからと言ってそれらを買い替える金銭的余裕はない。
結局、私は元旦那色の家で
これからも暮らして行くしかないのである。
[PR]
by arnulfstr | 2011-01-28 09:33 | 我が家