いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

年賀状

離婚して8日後、私の父が亡くなった。
すでに他人となった元旦那にはその事実を知らせず
葬儀は身内だけで済ませた。

私は暮れに喪中のハガキを出した。
旧姓に戻った私の名前を見て
何人かの友人は驚いて連絡してきた。
ところが元旦那と共通の友人たちからは
親しくしていた人でさえも何も言って来なかった。
これは正直意外だったが
どうやらすでに私たちの離婚を知っていたようだ。

年が明けると年賀状は1枚も来なかった。
喪中である我が家に来ないのは当たり前だが
元旦那宛のものも無かったのには驚いた。
それで納得した。
きっと元旦那は早々に引越しの挨拶状を出したのだろう。
その中で離婚について書いたのかもしれない。

ところが年明け4日目頃、2枚の年賀状が届いた。
どちらの宛名も元旦那と私の名前が連名になっている。
元旦那が送った年賀状への返事だと思われるが
まさか引越したとは思わずそのまま印刷したらしい。
驚いたのはそのうちの1枚が
元旦那のイトコからのものだったことだ。
ちょっとばかり意味不明である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-01-31 11:31