いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

脳梗塞

私は元々頭痛持ちで、常に頭痛薬を持ち歩いている。
市販薬も飲み続ければ効かなくなるもので
さすがに我慢できず、頭痛外来を訪れた。
3年前のことである。

その時に私の頭痛は「片頭痛」であることが分かった。
同時に脳のMRIを初めて撮り
その際に、いくつかの小さい脳梗塞が見つかった。
年齢からしても若干早いということで
毎年のチェックを続けるよう言われていたが
検査にはお金もかかり、気がつけば3年が経っていた。

その後も片頭痛は繰り返していたので
昨日、ネットで探した別の頭痛外来に行って来た。
そしてCTを撮影してもらった結果
脳梗塞部分が大きくなっていることが分かった。
もっとも頭痛とこの脳梗塞には何の関係もないそうだ。
梗塞部分は今すぐどうこうではないものの
経過観察が必要とのことで、とりあえず今回から
血栓を溶かす、血液をサラサラにする薬を飲むことになった。

幸いそれ以外はとても健康な脳の状態で、委縮もなく
痴呆の心配も全くないと太鼓判を押してもらったが
それでも詰まってしまえばおしまいだ。

眼科だけではなく、今後は頭痛外来にも
一生通い続けなくてはならなくなった私である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-02-08 16:37 | 健康