いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

進んだ視野欠損

月曜日は視野検査の日だった。

私の緑内障は3年前に偶然見つかった。
友人に勧められてレーシック手術を受ける気になり
その術前検診で発見されたのである。
幸い初期の段階で、それからは目薬によって
眼圧をコントロールしている。

残念ながら緑内障は治らない。
死んでしまった視神経が戻ることは無く
眼圧をコントロールしてもゆっくりと進行する。
そして視野は徐々に狭くなり
最悪の場合は失明することもある。

私の状態は初期だったとは言え
すでに使用している目薬は最大量である。
これで進行が早くなった時には
最後の手段として眼圧を下げる手術をするが
それが上手くいっても緑内障が治るわけではない。

そして今回、私の眼圧はかなり高めで
心配した通り右目の視野欠損が進んでいた。
前回よりも黒い部分、つまり欠損している部分が
私にも違いが分かるほど黒々としていた。
元々悪かったところだそうだが
今回はその度合いが深さを増したようである。
幸い、横への広がりは少しだけなのだが
先生はこのまま様子を見るしかないと言った。

PCに表示された右目の結果を見る限り
すでに中期まで進んでいるように感じた。
このまま進行が加速するようであれば
そう遠くない将来、手術になるかもしれない。
[PR]
by arnulfstr | 2011-03-02 09:45 | 健康