いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

元旦那宛に留守電

2月の中旬に届いていた元旦那宛の郵便を
横に置いたまますっかり忘れてしまっていた。

当初はすぐに「転送届」について調べ
私でできるものなら手続きをしようとしたのだが
残念ながらできないことが分かった。
私が知っているのは元旦那の職場の住所のみ。
転送先に職場は指定できず
新住所が分からないと届が出せないのである。

今回、その郵便物を思い出すきっかけとなったのが
元旦那宛の留守電メッセージであった。
「〇〇です。連絡ありがとうございました。
3月18日、出席させていただきます。
お世話になります。よろしくお願いします」
元旦那の最初の職場の上司だった人からだと思われる。
先方は知らないのだろうから仕方は無いが
それでも正直迷惑なことである。

さすがに無視するわけにはいかない。
さっそくこのメッセージの内容と
転送届の提出依頼を書いたメモを入れ
届いていた郵便物を同封し元旦那の会社宛に送った。
[PR]
by arnulfstr | 2011-03-07 10:12