いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

我が家は空き家?

帰宅するとポストにメモが入っていた。
町会の班長さんからだった。

いつ訪ねてもうちが留守なので
去年の町会費が未収になっていると言う。
そして今後についてどうしたいのか
確認したいので電話をくれと書いてあった。
え??
こちらこそ町会費の集金が来ないので
どうしたのかと、先日もお隣に確認したところだ。

もともと班長は4ヶ月毎の持ち回りになっていて
そろそろうちの番のはずだったが
回って来ないのでおかしいと思っていたところだ。
話が見えない。

近所なのだから電話より行く方が早い。
さっそくその方の自宅へ伺い話を聞いて来た。
班長については、引退されたその方が
しばらくやってくれることになったそうで
順番が回って来ないことはそれで納得した。

メモにあったように何度か訪ねてくれたそうだが
たまたまタイミングが悪かったのだろう。
「留守にしてることが多いようですね」
と言われた。
そりゃあ、フルタイムで仕事をしているのだから
平日の昼間は留守だ。
息子はいるだろうが、その時間は爆睡している。
けれど週末はほとんどいるのだから
留守が多い、と言われるほどではないと思う。

けれど、挙句の果てに
いつ行っても留守で電気も消えてるから
もしかして住んでないのではと考えたらしい。
本部に「空き家かもしれない」と報告したそうだ。
当然本部としては、住んでいない家なら
町会費はもらえないだろう・・・となったらしい。
あり得ない。

確認してもらえれば
住んでいるかいないかは一目瞭然だ。
洗濯物は毎日ベランダに干しているし
花壇だって最近はマメに手入れしている。
何より隣近所に聞いてもらえば分かることだろう。
正直、カチンと来た。

私は去年の分と今年の町会費を払い
今後も何かあった時にはメモを入れてもらえば
こちらから連絡すると言った。
ついでに名前も訂正してもらうつもりでいたが
とてもそんな気分になれなかったので
そのまま帰って来た。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-05 13:16 | 我が家