いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

健康診断

年に1度の健康診断を受けて来た。

結果は悲惨なものだ。
一応健康ではあるものの
体重、体脂肪、中性脂肪の数値が増え
確実に肥満への道を歩き始めている。

確かに嬉しい結果ではないが
これまで6年間にしてきた
いい加減な食生活と日々のストレスを思い出せば
今のこの身体の変化は「幸せ太り」なのかもしれない。

元旦那のことが1番のストレスではあったが
ここ2年は父のことで別の心労もあり
その両方が無くなった今となっては毎日が幸せだ。
キチンと食事をし、のんびりできる時間ができたことで
太ることは自然なのかもしれない。

大震災を経験した今は、常に人生の終わりを意識し
だからこそ食べたいものは食べ、会いたい人には会い
言いたいことは言う私でありたいと強く思っている。
いつどこで突然この人生が終わっても後悔のないように。

これから先は自分のために生きるのだから
多少ポッチャリしてもいいのだ。
これから先、再婚するわけじゃなし
周りを気にすることも視線を気にすることも無い。

しょせん、健康診断はその時元気だというだけのもの。
それで見つからない病気もたくさんあれば
そんな数値1つに一喜一憂するのもバカらしい。
何だかそんな風に考えるようになった最近の私である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-05-18 14:25 | 健康