いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

すべて順調

土曜日、すべては予定通りに進んだ。

午前中は内視鏡の検査結果を聞きに行った。
大腸にはポリープが1つだけあったが
幸い、生検の結果は悪いものではなかった。
そして胃の方も全く問題はなく
結局、続くおなかの不調の原因は発見されなかった。

そして先生と相談した結果
来月、内臓の超音波検査を受けることにした。
せっかくここまで検査したのだから
調べてもらえるとこは全て診てもらおう。
それでも私の胸のつっかえは取れ
帰り道は足取りも軽かった。

午後からは保険会社の人が調査に来た。
家の周りから構造から全てをチェックし
その都度撮影して帰って行った。
ちょうど家は築10年を越え
あちこち修理が必要になるところへ今回の震災。
それが原因でないとは言い切れないだろうが
とりあえずは審査待ちと言うことになる。

ついでに我が家のベランダと外壁を見たその人は
2年以内に手を入れた方がいいと助言してくれた。
ベランダに無数に入っているヒビからは
いずれ水が入らないとも限らないし
外壁もそろそろやり直す時期に来ているそうだ。
その時には屋根も同時にやることを勧められ
全部で2~300万でできるだろうと言われた。
・・・どこにそんなお金があると言うのだ。
腹が立つことに、ちょうど詐欺られた金額に等しい。

そして時を同じくしてTVの配達と引き取り。
来てくれた若い男の子たちは
大きくて重たいブラウン管TVを軽々と抱えた。
おかげで我が家はスッキリ片付いた。

今や元気なのは私だけ。
家はやっぱり補修の時期らしい。
けれど今となっては捻出不可能な修理代である。
ため息しか出ない・・・。
[PR]
by arnulfstr | 2011-06-27 15:34