いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

お盆休みなし

これまで勤めていた会社にはお盆休みがあった。
お客さんもみんな休みになるのだから
やっていたところで意味は無く
休みは当然のことだった。
そのお盆休みには毎年、家中のカーテンを大洗濯した。

今の会社にお盆休みは無い。
ビルのテナントさんはどこも休みに入り
出ているのは私たちだけである。
そして会社でやっている3つのお店もお盆は営業しない。
つまり私たちは出社してもやることがなく
事実、電話も朝から1度も鳴らない。
あ~ヒマ・・・。

この夏は節電のため、デパートですら定休日を復活させた。
例年より夏休みを長くした会社もあると聞く。
昔に作った就業規則を見直しもせず
時代に合わないままで何とも思わない社長である。
女性の定年55歳、男性は65歳って・・・何?

「休みたければ有休で休んでもらっていいから」
と言われたところで、入社4年目の私が3日も休めば
後半は風邪もひけないだろう。
それでなくても給料は安く、昇給もなく
ボーナスは減らされ、福利厚生は何もない。
お盆休みくらいあってもバチは当たらないだろう。
社員全員が思っていることである。

そしてその社長自身は来週、何日か休むそうだ。
どこまでも自分のことしか考えない社長だと改めて思う。
[PR]
by arnulfstr | 2011-08-12 11:36 | 会社