いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

同級生は宝物

私の中学時代の仲間たちはとても仲がいい。
卒業してから30年以上が経つと言うのに
未だに忘年会だ、新年会だ、暑気払いだ、温泉だと
年に何回も集まっては大騒ぎである。
少人数での集まりを含めれば月1は会っているだろう。

先週末、特に気の合う4人で出かけた。
その中の男子が企画してくれたもので紅葉を見に行った。
その後は彼の新居へお邪魔し彼の奥さんや娘さんと会った。
ちなみに2度目の対面である。

そしてもう1人の男子の奥さんとも
私はすでに顔見知りで
彼夫妻と私とで食事をしたことがある。

さらに、残る彼女のご主人とも知り合いだ。
私の新婚当時、2人一緒に家に遊びに来てくれたのだ。
さらに去年このメンバーでカラオケに行き
深夜の3時まで歌った後は彼女の家にそのままお邪魔し
ご主人も一緒に飲み直したこともある。

考えて見れば私は幸せ者である。
卒業して何十年も経った同級生たちと今も変わらず
こうして付き合えていることだけでもありがたいのに
その奥さんやご主人とまで知り合いになれるなんて・・・
こんなに素晴らしいことがあるだろうか。
しかもそれぞれの自宅にまでお邪魔できるなんて
なかなかあることではないだろう。

私は夫婦仲がこじれる前でも
元旦那をみんなに会わせたいと思ったことはない。
だから家に友人たちを呼んだこともない。
今思うと、やはり何かが違っていた気がする。

次回は我が家へみんなが遊びに来ることになった。
そして私はその日をとても楽しみにしている。
[PR]
by arnulfstr | 2011-11-29 16:44