いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

ボーナス出た

先日、管理の男性社員が事務所に来て
社長に「今回の賞与は出してもらえるのか」と訊いた。
社長は「その方向で考えてはいるんだけどね・・・」
と言葉を濁した。

私もハッキリ訊いた。
テナントが半分になったにも関わらず
原状回復したフロアを貸すそぶりもなく放置したまま。
さらには5台一気に空いた駐車場も
希望するテナントにさえ貸さないと言っている。
この先のことを社長はどう考えているか
私たち社員はみんなが不安に思っている。
この歳では次の仕事がすぐにみつかる保証はなく
会社を閉じるつもりでいるのであれば全員が困る。

予想はしていたが社長はグズグズと言い訳を始める。
近々ある耐震診断を受ければ、2年後には判定が出て
このビルは当然、建て直しか補強の対象となる。
とても建て直すお金は無いし跡継ぎもいない。
今はできる限りのことをするしかない。
3月までに所有のビルが売れればね・・・。

けれど一等地にあるその会社所有のビルには
社長の姉2人が、それぞれ100㎡を超える広さに
家賃も払わず長いこと住み着き、出て行く気配はない。
そんなおまけつきのビルを誰が買うだろうか。

いつものことだが社長が何かをハッキリ言うことはない。
これまでも全てのことにおいて言葉を濁してきた。
会社のことも2年以上先は分からない・・・
と言うことだろうと私は理解した。

昨日になって今回の賞与が出ることになった。
去年の半分、前回と同様1ヶ月分だ。
これについては感謝の気持ちでいっぱいだが
頭が痛いことに変わりはない。
[PR]
by arnulfstr | 2011-12-02 11:32 | 会社