いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

盛り上がる仲間たち

週末に同級生の仲間たちと温泉に行って来た。
当時から気の合う仲間ではあったが
それぞれに家庭がありながらも
こうして出かけられることは嬉しいことだ。

そんな中、今回仲間たちが盛り上がったのが
私の再婚話である。
と言っても、モチロン現実味のある話ではない。
離婚して1年8ヶ月になる私だが
当時と変わらず再婚の意思は全くない。
そもそも今更新しい出会いがあるわけもない。

ところが、いくらそう言っても
仲間たちは私を是非再婚させたいらしい。
早速、1人が言い出した。
自分の会社にピッタリの男がいる・・・。

歳は1つ上でバツイチ。
現在私と同じく息子と2人で暮らしているそうだ。
身長は175cm程度でガッチリタイプ。
タバコは吸わず、お酒も飲まない
とにかく優しくて性格のいい男だと彼は言う。
離婚の理由は「奥さんのだらしなさ」だそうで
A型で几帳面、綺麗好きな私にピッタリだと
友人は絶賛した。
さらに年収は1千万を超え、自分で家事もするそうで
とにかく会ってみろと盛り上がる盛り上がる!

ただ1つ、趣味はウルトラマン系。
かなりオタクに近いマニアらしく
それに関するイベントがあれば
日本中どこへでも飛んで行くらしい。
ところが私の叔父は、知る人ぞ知る
ミラーマン、ウルトラマンタロウ他のスーツアクター。
「趣味のない男よりいい。ピッタリじゃ~ん!」
と声をそろえて大はしゃぎだ。

私が再度「再婚の意思はない」と言うと
仲間たちは作戦を変更した。
彼らが1度先方に会い、私に合うかどうか見て来ると言う。
仲間たちはもはや世話好きのご近所さんと化した。
こうなると何を言っても無駄だろう。

結婚はともかく、友人ならいつでも大歓迎だ。
友人たちが私をダシにして
楽しんでるような気がしないでもないが
意地になって断ることも無いだろう。
体調が良く、気が向けば行くかもしれない。

そして顔合わせは
彼らの仕事が一段落する7月頃になるらしい。
[PR]
by arnulfstr | 2012-04-25 15:45