いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

千客万来

連休前半、同級生仲間が遊びに来てくれた。

最初の日にやって来た男子2人は
1ヶ月ぶり2度目である。
今回はDVDの編集作業をメインに来たのだが
結局2人は時間を調べ終電ギリギリまでいた。
彼ら曰く「とても居心地がいい」のだそうだ。
何をお構いするわけでもないが
こんなに嬉しいことはない。

元旦那と家庭内別居を続けていたあの頃
リビングには大きな綿ボコリがゴロゴロしていたが
それでも誰も掃除することはなかった。
近所まで来たからと友人夫婦が訪ねて来た時も
玄関先で応対し、帰ってもらった。
とても人を上げられるような家ではなかった。
前回友人が遊びに来たのがいつだったのか
今となっては思い出すこともできない。

それが離婚し、私の家になったことで
思いっきり断捨離しスッキリした。
今はいつ誰が来ても喜んで上がってもらえる。
「居心地がいい」
これ以上の褒め言葉があるだろうか。

別の日には女子たちが遊びに来てくれた。
母親がデイサービスに行ってる間しか時間が無く
夕方には帰って行ったが、こちらはアルコール抜きの
お茶だけでも十分楽しかった。
女には女だけの話があり、それで励まされたり
元気をもらったりするのである。

人がたくさん遊びに来てくれる家・・・
これからもそんな家であり続けられたらと思う。
[PR]
by arnulfstr | 2012-05-02 15:38