いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

いよいよプー

リハビリ病棟に移った社長の奥さんであるが
右半身を中心に麻痺が残ることは避けられないらしい。
さらに認知症のような症状が出始め
貧血も起こしていることから
別の場所での出血も疑われているらしい。

社長は自宅での介護を決めたようだ。
そうすれば当然会社には来られないという理由から
会社を閉じることにしたらしい。
明後日あたり、社員に話をするとのことだ。

あ~・・・恐れていたプーである。
年金生活までまだ10年以上あると言うのに
この歳で失業するとは・・・人生どん底だ。

また1から仕事を探したところで
面接までたどり着ける可能性はほんの僅かである。
今回はどれだけの履歴書を書けばよいのか・・・。
体型が変わったため、面接用の服も準備が必要だ。

それでも全然気合が入らない。
やろうと言う気持ちが出て来ない。
これで最後と思った前回
私は全てのパワーを使い切ってしまった気がする。
歳と共にそのパワーは無くなるばかりだ。

もう現状維持は望めない。
使ってもらえるだけでありがたいと思わなくてはダメだ。
年々体力にも健康にも自信が無くなるが
生きて行くため頑張るしかない。

ただ・・・気持ちの切り替えが難しい。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-20 14:48 | 会社