いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

今を元気に

社長の奥さんはさらなる検査の結果
心臓や肺にも病気が見つかり
どうやらそちらの方が問題らしい。

会社を閉じることについても
結局、社員に今現在キチンとした話はなく
やはり社長の頭の中に社員のことなどないようである。

社長が閉鎖の目処として言った26年の5月。
これまで見えなかった終了ラインが見えたことで
私の不安は倍増し
一時はこの先どうしたものかと本当に落ち込んだ。

けれど思い直した。
社長がいくらラインを引いたところで
実際、テナントがすべて出て行ってくれなければ
会社を閉じることはできない。
そもそも社長の言うことは思いつきにも近いもので
これまでも言ったことが変わることがよくあった。
2年先のこととなれば言わないも同然だろう。

だいたい、これまで家事の1つもやっていない社長が
自分1人で介護などできるわけがない。
何をやっても続いたことのない社長だけに
3日も経てば飽きるに違いない。
もっとも、そんなに持たないだろうと言うのが
私たち社員の見解だ。
そうなれば状況は変わるだろう。

それに私は思う。
今の時代、明日も元気という保証はどこにもない。
ましてやそれが2年先ともなれば
言われ続けている大地震が来るかもしれないし
どこかで事故や事件に巻き込まれるかもしれない。
さらに持病である目が急激に悪化すれば
仕事のできる状態にない可能性だってある。
今ここで何を心配しても仕方が無いと思うようになった。

もし本当に会社が無くなってプーになったら
失業保険をもらいながら仕事を探せばいい。
それまでに息子が結婚すれば
私自身の環境だって変わるかもしれない。
以前友人に見てもらったように
息子夫婦と同居する話もないとは言えないだろう。

なるようにしかならない・・・。
結局、世の中はそういうものだと思う。

私はこれまで結婚もし、出産もし、離婚も経験した。
私てきには、もはや人生でやり残したことはなく
実のところ思い残すこともない。
そもそも視界が無くなれば生きていたいとも思わない。

だから今を大切に生きたいと思っている。
どうなるか分からない先のことでクヨクヨし
暗い気持ちで毎日を過ごすのはバカらしい。

モチロン、転職先は探して行くつもりだ。
ただ、条件に合うところがなければ無理はしない。
バタバタと焦って探すことはせず
のんびり構えようと決めた。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-27 14:28