いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

真夜中のメール

20日の日に友人と会うことになった。
デートしてほしいと言われていた同級生である。

レストランで食事して、それからお茶して・・・
という流れは私自身どうしても気が進まないのに
「11月中に是非!」
と催促のお願いメールが届いた。

だったら最初から居酒屋で・・・。
と言うことで急きょ話は決まり
面倒なのでお店の予約も私がした。
2人とも飲まないのに居酒屋とは笑えるが
それでも私は気が楽になった。

すると昨日・・・もとい、真夜中1時51分
その彼からメールが届いた。
そもそもメールを送る時間としてもありえない。
私は先行きの不安からか最近は睡眠に問題があり
夜中に何度も目が覚める。
ところが昨日はそのメールが来るまで
珍しく爆睡していた。
けれどその眠りは着信音によって遮られた。

そんな時間にメールがあれば何事かと思う。
とりあえず読んでみれば
これが絵文字盛り盛りのメールだった。
要は、自分が誘っておきながら
お店まで決めてもらったことへのお礼と
助かったという感謝の気持ちを延々と・・・
そして最後は
「当日はたくさん食べようね~」となっていた。

何やら勘違いされているのでは困る。
早速今晩、非常識な時間のメールは止めてほしいと
送るつもりである。
[PR]
by arnulfstr | 2012-11-08 16:36