いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

ぬか喜び

先週、テナントが退出予告にやって来た。
半年後、来年の春には出て行くとのことである。

あ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もう言葉がない。
9階建てのこのビルは、来年の春には
3階までしか埋まっていないビルになる。
9階建てでありながら4階から上は全て空き室なのだ。
もはやエレベーターなど必要もない。

耐震補強の話も、実現性のあるものではなく
どうやら「一応」診断をしてみるという程度のものらしい。
そもそも、とっくにやる気を失くした社長が
設計事務所の話だけで気持ちを変えるはずもなかった。
結局のところ向かう方向は何も変わっておらず
「閉鎖」である。

すでに残るテナントも引越しを考えていると聞く。
来年中に残り3社が出てしまえば
そう・・・すべては終わりである。
私たち社員は職を失い
この歳からの転職を余儀なくされる。

社長の頭には、会社都合だから
失業保険は多く出るわけだし、それでいいだろう
という考えがある。
あまりにもふざけ過ぎていて話にならない。

あ~・・・暗い正月を迎えそうだ。
[PR]
by arnulfstr | 2012-12-05 16:05