いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

来週から仕事開始

プーになって1ヶ月が終わろうとしている。
1つ分かったことは「夏のプーは最悪」と言うことだ。
けれどその1ヶ月の間に
こんな私を拾ってくれた会社があった。

これまで同じビルにいながら
何をしているかも知らなかった会社の社長が
ひょんなことから私の会社の閉鎖を知り
驚くことに自ら声をかけてくれたのである。
その会社では募集はしていなかったが
それでも1度会うだけ会おうと時間を作ってくれた。

私はダメ元で履歴書を持参していたが
それを見た社長はとても興味を持ってくれた。
ちょうど社長の持っていた
欲しい事務員のイメージに合ったらしい。
そこから話はトントンと進み
最終的に先週開かれた取締役会の承認を経て
私の採用が決まったのである。
これまで考えたことも無かった身近なところに
縁のある会社があったのだ。

しかも私の採用のため社長は色々と手を尽くしてくれた。
これまで前例のなかった中途採用を認めさせ
採用条件をあれこれと考えてくれたのである。
パートだとばかり思っていたら社員採用だと言われ
私自身が1番驚いた。

これからの転職活動を思えば
不安で押しつぶされそうな毎日だったが
本当にありがたいことにその心配は無くなった。
来週から私はまた希望する事務の仕事で
働かせてもらえるのである。
感謝しなくてはバチが当たるだろう。

今度こそ、働かせてもらえる最後の日まで
何が何でも勤め続けたい。
そして社長の気持ちに応えるためにも
会社のため私にできることは精一杯頑張りたい。
モチロン無理はせず自然体で
あくまでも「私らしく」である。
[PR]
by arnulfstr | 2013-08-27 17:22 | 会社