いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

息子結婚

29歳の息子が結婚したいと言い出した。
それ自体は何の問題もない。

けれど、早い話がデキ婚なのである。
これが私には許せない。
私も娘も昔からデキ婚を良しとしていない。
それだけに息子には口を酸っぱくして
「順番だけは必ず守れ」
と言い続けたがダメだった・・・。
あ~・・・最低。

そもそも、息子は契約社員で収入も少なく
しかも夜の時間帯の仕事である。
彼女はと言えば、こちらもバイト2つのかけもちだ。
そんな状態で子供を育てて行けるのだろうか。
カードローンの借金もある息子1人の収入で
彼女と子供を養っていけるとは思えない。
どこまでも考えの甘い息子である。

結婚式は今のとこ考えてないらしいが
貯金がないのだから当たり前である。
けれど、息子がそれでよくても
彼女はやりたいだろうと思う私である。
家は当面は彼女のとこにいるというが
狭いらしく、いずれは引越したいと言った。
最終的にはうちに同居するしかないかもしれない。
私の自由もここまでか。

とりあえず、先方のご両親に会ってお詫びし
今後のことも話さなければならないだろう。
すでに息子は私の姓を継いでおり
彼女は我が家の嫁になり
我が家の孫を産むことになるのだから。

そしてそれは当然、元旦那も知ることとなり
「本家の長男の息子の結婚」となるべきところが
もはやそうではなく、孫も私の姓を継ぐのである。
元旦那の家系とは何の関係もない結婚だ。
モチロン元旦那が黙っているとは思えない。
大いに揉める予感である。

ゆえに私は溜め息しか出ず不眠の日々だ。
本来ならめでたい話なのだろうが
この事実はまだ私の母親にも言えていない。
このブログが最初である。
[PR]
by arnulfstr | 2013-11-27 23:52