いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

息子のとこは女の子

今日の健診で嫁の子供が女の子だと判明した。
自分の息子にサッカーを教えることを
何より楽しみにしていた息子はガッカリだが
私は正直ホッとした。

ご存知の通り、息子に何が何でも本家を継がせ
自分の後、お墓を守らせたい元旦那である。
けれど孫が女の子だったことで
自分のとこで終わるか、息子で終わるかになり
どっちにしても大差はない。
2人目ができるかどうかはわからない状態では
やはり諦めてもらうしかないだろう。
とにかく孫の取り合いにならなくて良かった。

それに1人しか産めないのだとすれば
絶対に女の子の方がいい。
そういう意味でも、良かったと思う。

何より心配した色覚異常の遺伝も
女の子であれば問題なしだ。
因子は保有することになるが色覚は正常である。
問題になるのは将来、男の子を産んだ場合で
50%の確率で色覚異常が遺伝する。

嫁からの報告によれば子供は順調だそうだ。
ただ、つわりは相変わらずで
まだ治まる気配はなさそうである。
それでもとりあえずは一安心だ。
[PR]
by arnulfstr | 2014-02-04 21:38 | 家族