いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

カテゴリ:未分類( 101 )

夫婦不仲の結末

社長の奥さんは、社長に離婚したいと申し出た。
去年の春先のことだった。
ところが、その後事態は急変する。

間もなく奥さんに乳ガンが見つかり手術。
退院後は放射線治療を受ける予定だったが
自宅で転倒して鎖骨を骨折し
そちらの治療を優先せざるを得なくなった。
結局、放射線治療を開始したのは今年初めだ。

そんな奥さんがGW明けから体調を崩した。
「何か目まいがするって起きられないんだよね」
私たち社員はその都度医者に診せるように言ったが
結局はそのまま様子を見ていたらしい。
先月の息子の結婚式にはついに立っておられず
椅子に座ったままだったと聞いた。

そして金曜日奥さんは救急車で運ばれた。
「大変なことになってますよ。
何でもっと早く連れて来なかったんですか」
医者はそう言った。
集中治療室に入れられた奥さんは
脳動脈何とかで、もう治らないらしい。

何日も前から意識が朦朧としていた奥さん。
傍にビールの空き缶が転がっていたからと
大したことではないとの素人判断をした社長。
「トイレにも自分で行けないんだよね」
「部屋の冷房が18℃でガンガンついてるんだよね」
と私たちに普通に話した社長。
危機感の無さには呆れることを通り越し腹立たしい。

結局、不仲な夫婦と言うのはそういうものなのだ。
私も6年近く家庭内別居を続けていたから分かる。
同じ屋根の下にいても顔を合わさず
それぞれに元気なのか病気なのかも知らない。

社長は今頃言った。
「すべては自分のせいだ」と。
何を言っても何を悔いてももう遅い・・・。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-14 09:48

元旦那と再会

私へのメールには反応しなかった元旦那だが
娘には連絡があったらしい。
何でも当日は出張の予定が入っていたため
香典の持参を娘に頼もうとしたようだ。
けれど何とか調整できたらしく、お通夜に現れた。

お通夜へは私と娘の2人が参列したが
遺族の希望で、私たちは親族席に座っていた。

葬儀は献花式で執り行われた。
献花の後、中央の棺の横を通って正面を回り
右側に並ぶ遺族と挨拶をかわせるようになっている。

献花前、私たちの横で並ぶ元旦那が私に声をかけた。
「連絡ありがとうね」
私は彼を見ることなく頭を下げた。
「いつまでも家と私に憑くことを止めて下さい」
とノドまで出かかった言葉は飲み込んだ。

私たちは家族ぐるみで遺族一家と付き合って来た。
元旦那との再会は遺族一家にも久しぶりのことで
元旦那の顔を見て、まず喪主である父親が泣き出した。
隣に立つ母親も泣きながら話をしていた。
元旦那はそんな父親の肩をポンポンと叩いた。

私は久しぶりに彼に会い何の感情も持たなかったが
その仕草を見て、やっぱりこの男は変わらないと思った。
自分よりかなり年上である相手に対し
相変わらずの「上から目線」なのである。
父親を慰めるつもりの仕草であったにしろ
それは年配者が年下の者に向かってする行動であろう。
もはや他人である元旦那だが・・・呆れた。

久しぶりの元旦那はさらに髪の毛が薄くなり
ますます愛川欽也に似て来たと思った。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-13 10:39

いよいよ葬儀

4日に亡くなってから約1週間。
司法解剖に回されたことと斎場が混んでいたことで
今日がやっとお通夜だ。

我が家からは私と娘の2人が参列する。
明日の告別式には息子と3人である。
元旦那が来るかどうかは分からない。

友人夫婦の依頼により
私たち3人は告別式終了後も身内の方と同行し
火葬からお骨あげなど全てに参加させてもらう予定だ。
子供たちにとっては
幼なじみである彼女の骨を拾うことは辛いことだろう。
それでも、見送りはちゃんとしてあげたい。

辛い週末が始まる・・・。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-10 09:23

とりあえず連絡

元旦那への訃報連絡について母とも話したが
やっぱり知らせないわけにはいかないだろう・・・
と言うことになった。

だから用件のみをメールした。
「△△△△ちゃん、拒食症による低栄養で8月4日逝去。
10日18時よりお通夜、11日10時より告別式。
いずれも〇〇斎場にて」

今現在、反応は何もない。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-08 09:17

最悪の訃報

昨日の夜
家族ぐるみで付き合っている友人から連絡があった。
娘さんが4日に亡くなったと言う。

娘が0歳から通った保育園で一緒だったのが
亡くなったJ子ちゃんである。
つまり娘とは0歳から一緒に育ち遊んだ友達だ。
モチロン付き合いはすぐに家族ぐるみになり
その後は同じ学童クラブに通った。
別々の小学校に行っても
毎年夏休みには2家族で北海道を旅行し
沢山の思い出を作った。
何と言っても、娘と同じまだ31歳である。

高校時代に1度、重い拒食症に罹り
一時は心臓が止まるなど生死をさまよったが
何とか元気に退院することができ
のちに結婚して娘が生まれた。
けれど国際結婚だったことで色々な問題があり
結局、彼女は娘を引き取り離婚した。
それからは娘を保育園に預け1人で育てて来た。
その小学生の娘がたった1人で残された・・・。

拒食症は繰り返すものだったのか。
少し前から何も食べられなくなっていたそうで
入院するほどではなく、当日も仕事に行ったと言う。
けれど帰宅し、1人部屋で倒れ亡くなっていたそうだ。
解剖に回され昨日戻って来たと言っていた。

親が子供を見送る・・・。
こんな辛い告別式には2度と出たくないと
その昔、友人の7歳の娘さんの葬儀に出た時思った。
それが本当に身近なところで起こるなんて
私は頭が真っ白だ。
娘同様に0歳から見守ったJ子ちゃんがもういないなんて
あまりに辛すぎる現実である。
娘の結婚式には身内の席に座ってくれた友人夫婦。
その悲しみの深さは計り知れない。

そして真っ白な頭で私は考える。
元旦那にこの訃報を知らせるべきか・・・。
彼にとっても娘のような存在であったJ子ちゃん。
知らせれば葬儀には飛んでくるだろう。
知らせた方がいいのか・・・もう関係ないと割り切るべきか。
いくら考えても答えが出ない。

お通夜は金曜日、告別式は土曜日だ。
[PR]
by arnulfstr | 2012-08-07 10:26

恐るべき真実

私には特殊な能力を持つ友人がいることは書いた。
人に見えないものが見え、聞こえないものが聞こえ
人の人生をも見ることができる友人である。

私は今回、会社が近い将来無くなるだろうことで
将来の見通しが立たなくなり不安を抱えている。
この先どう進むべきか・・・どう生きるべきか。
さすがにここのところの気分は落ち込むばかりで
不眠も続き体調も崩している。
これ以上悩むことにも疲れたので
ここは彼女に助けてもらうことにした。
彼女に見えているものがあれば
アドバイスをしてもらおう。

ということで日曜日
忙しい中、時間を割いてくれた彼女とランチした。
彼女の1番のお薦めは
この先もず~っと息子と同居することだそうだ。
今、息子が付き合っている彼女と結婚すれば
私たち3人は最強の組み合わせだと言う。
嫁となる彼女とも、いい関係を築けるそうだ。
その場合、私は今の会社に最後の最後まで勤め
あとはパートか契約社員で仕事を探せばいい。

彼女には当然、うちの社長のことも見えている。
簡単に書けば
2年後に会社を締めるようには見えないらしい。
私が社長の性格を理解し、サポートすることで
会社は別の方向に行くことが考えられ
当然仕事も続けられる可能性があるらしい。

ここまでの2つは、正直受け入れるのが難しい。
私は今から息子たちと同居したいとは思わないし
人間として呆れている相手である社長に対し
見方を変えることはかなりの努力が必要である。
けれど、そうするのがベストだと彼女は言う。

さらに驚くべき大きな問題があった。
「実は私、ずっと気になってることがあったんだよね」
突然彼女は言い出した。
「でも、これでハッキリした」
彼女は私が書いたメモを見てうなずいた。
そこには私、社長、元旦那、息子、現在の彼女
そして娘の名前と生年月日が書かれている。

「最近、健康診断受けた?不整脈なかった?
今日会った時、最初に見えたんだよね・・・心臓。
動悸とかあるんじゃないかな」
私はドキッとした。
実は誰にも言っていないのだが
ここ1年くらい突然動悸に襲われることがあるのだ。
普段は何でもないのだが、何の前触れもなく急に
心臓が飛び出るほどのドキドキドキという動悸。
それはいつも決まって家にいる時に起こり
このまま死ぬのかと不安になる。
春の健康診断で相談してみようかと思ったほどだ。
彼女は言った。
「それ、検査しても何も出ないよ。
原因は元旦那だから・・・元旦那の生き霊だよ」
・・・え?

彼女は私の書いた元旦那の名前を見て言った。
「この人ね、ものすご~く執念深い人だよ。
あ~・・・何でこんな人と結婚しちゃったの?」

彼女の話をまとめるとこうだ。
元旦那は未だに私と家に対して執着している。
娘は元旦那と父の日などに会っているようだが
彼女に全く悪気はないものの、そんな中で
元旦那の執着心はどんどん大きくなっているそうだ。
さらに元旦那は、離婚に対しても全く納得しておらず
なかなか直らない雨漏りは
元旦那の生き霊によるものだと言う。
私の気分が落ち込んでしまっているのも
元旦那がそうさせているのだそうだ。

生き霊と言うのは厄介な物で
特に元旦那のように異常な執着心を持っていると
なかなか払うことが難しいようである。

そこで彼女の言う息子たちとの同居話が出る。
実はこの3人が一緒に住むことで
最強パワーとなるらしく
生き霊をガードできるのだそうだ。
息子は生まれつき、そういう力を持っているらしい。
ただ、彼女は今の家を売るべきだと主張した。
元旦那の執着心はこの先も無くなることはなく
それがさらなる問題を起こす前に
3人で別の場所で暮らす方がいいそうだ。

・・・私は言葉を失った。
元旦那は執念の塊らしく
離婚されたことも家を取られたことも納得していない。
そしてそれは生き霊となって家に憑き
さらに私にも憑いて体調不良や不安感をあおっている。

彼女の話を信じるかどうかは自由である。
けれど私は周りの人の話や
彼女自身の経験談を聞き、彼女の力は本物だと思う。
そして今回
彼女は見えたことをちゃんと伝えてくれている。
さらに元旦那の性格を考えた時
私は確かにそうかもしれないと納得できた。

彼女のアドバイスに添えれば
間違いなく今より明るい未来があるのだろう。
けれど実際、実現にはどれも努力が必要であり
ましてや家については
あと10年は住むつもりでいただけに
正直、どうしたものかと考えてしまった私がいる。

それでも彼女と話した後
妙に気持ちがスッキリしたのはなぜだろう。
「私が今ここで生き霊が原因だと口にしたことで
少しはパワーが落ちると思うよ」
彼女はそう言っていた。
[PR]
by arnulfstr | 2012-07-24 13:29

残念な訃報

同窓会が終了して1ヶ月近くが経った今週初め
帰宅すると封書が届いていた。
差出人に心当たりはなかったが
その苗字で「もしかしたら」と思った。

実は今回の同窓会の案内を送った段階で
卒業時に私の担任だった先生のみが
残念ながら音信不通になってしまっていたのだ。
以前入所していた施設に問い合わせると
すでに先生は退所されたとのことだった。
郵便物はご家族が転送手続きをするため
詳しいことは施設でも分からず
連絡先も個人情報で教えてもらえなかった。
そして同窓会当日は
みんなにその通りに報告をしたところだった。

残念ながら予感は的中してしまった。
中には昨年の喪中ハガキが入っており
それによれば、先生は昨年9月末に永眠されていた。
あ~何ともショックである。

4年前の同窓会には来てくれたが
その時が先生に会った最後となってしまった。
当時が80代前半であったと思うが
とても残念で寂しい現実である。

先生のご冥福を祈りながら
私は同窓会に来てくれた全員にこの訃報を知らせた。
親や恩師を見送る歳になったのだと改めて思った。
[PR]
by arnulfstr | 2012-07-05 11:37

チャ~ンス!

・・・と言われても・・・。

私が離婚したことを知った同級生から
これまで時々メールが来ていた。
中学時代にラブレターをくれた男子であり
現在まで独身でいた彼だ。

別にメル友と言うわけではなく、私はたまに返信した。
その中で、彼は私への気持ちをストレートに書き
私は誰であれ、付き合う気も再婚の意思もないと書いた。

その彼が同窓会にやって来た。
4年前の前回は卒業以来の再会だったが
私は幹事として忙しく動いていたため
挨拶程度の会話しかしなかった。

ところが今回、2次会の席で
気づいた時には彼が横に張り付いていた。
「来ちゃった~」と言って。
モチロン周りの友人たちを含めてではあるが
前回より話をしたことは確かである。

その後、お疲れさまでしたのメールと共に
改めてデートのお誘いを受けた。
今回は私と話せてとても嬉しかったとあった。
さらに私が離婚したことで自分にもチャンスがあると書き
「チャ~ンス!」と絵文字入りで書いて来た。

翌日には私の誕生日&血液型を教えてくれとメールが届き
すぐに私は何だかのコアラだと書いて来た。
性格は・・・と何かを書き写した長~い文章が続き
正直私は疲れている。

想ってもらえるのは嬉しいが私には今のところ男は必要ない。
ハッキリ伝えたはずなのだが、どうやら彼は
同窓会で勘違いモードに入ってしまったようである。
[PR]
by arnulfstr | 2012-06-19 16:36

続いていた不倫

驚きの情報が入って来た。
例の同級生同士の不倫事件の続報である。

何と!旦那Aと不倫相手のCは
今も続いていると言うのである。

旦那Aと仲のいい友人からの情報だから確実だ。
たぶん本人が言ったのだろう。
その友人によれば
2年前に2世帯住宅として建てた家・・・
土地は妻Bの両親のもので
家の部分だけが旦那Aの名義だと言う。

友人は言った。
「金の絡みで別れられないマスオ男。
愛が無いのを分かりながら
見栄だけで離婚せず一生怨み節を唱える女。
生き地獄だね」

まさに針のムシロだ。

旦那の愛情が
同級生Cに向いているのを知っているからこそ
妻Bは異常な精神状態になり私に噛みついたのだろう。
哀れと言えばそれまでである。

それにしても・・・その状態で出て来る女C。
彼女のあっぱれな神経の図太さには尊敬しかない。
2次会でCが言ってたそうだ。
「女子の視線が何か私に冷たいのよね。
だからや~よ、女って」

勝手にしてくれ。
私には全くどうでもいい話である。
[PR]
by arnulfstr | 2012-06-15 15:10

呆れた女・・・

土曜日の同窓会でのことである。

私たち幹事は1時半に現地に集合した。
それから30分で準備をし、2時が受付開始である。
例の夫婦A、Bはほとんど準備の終わる頃に
揃って遅れてやって来た。
ちなみに彼らの家は会場まで歩いて来れる距離である。
それだけでも私には十分ヒンシュクだったが
その後信じられないことが起きた。

受付担当の妻Bは参加者名簿を見るなり
私のところへやって来て言った。
「なんでCが来るの?
だいたい住所不明だって言ってたのにどうやって調べたの?」
「それは他の不明者と同じだよ。
あちこちに聞いて調べたんだけど?」
「何で案内状送ったの!」
・・・はぁ?何言ってんの?
「住所が分かれば送るに決まってるじゃない。
1人だけ送らないなんてできるわけないでしょ。
これは同窓会なんだから」
ちなみに旦那Aの不倫相手Cは2次会から参加である。
「あっそう。わかりました。
私たち1次会で帰るから」
そういうと彼女はプイと行ってしまった。
その顔・・・キツイ目で人を睨み
女として最低のブサイク顔である。

何で「幹事として」仕事をした私が責められるのか・・・。
彼女の言っていることは私情のみの都合である。
それを同窓会の場に持ちこむこと自体あり得ない。
不倫問題がどう決着したかは知らないが
それは当事者3名の問題であり私たちには関係ない。
いい大人なのだから、まずは幹事と言う立場を優先し
イヤなら離れていればいいだろう。
視線を合わさず無視すればいいだけのことだ。

その後受付に座ったBはむくれ顔をし続け
1次会終了と共に旦那を引きずり帰って行った。

私は、こちらで設定した2次会まで出席するのが
幹事としての最低の義務だと思っている。
それをまさにドタキャンし
他の幹事に詫びるでもなく帰った夫婦・・・。
旦那Aからは友人のところに
「あとで合流したい」とのメールが入ったが
怒っていた友人はそのメールを無視した。

そして予定通りやって来た不倫相手Cは
その件には全く触れず、いつも通り男子に媚びていた。
たった今、人を食って来たような
今時ありえない真っ赤な口紅をつけたキャバさは変わらない。
実際は同級生のほとんどが知っていると言うのに
フツーに出て来れる神経の太さは褒めるしかない。

とにかく夫婦が帰宅したことで修羅場は避けられた。
けれど私は開会前からイチャモンをつけられ
とても「気分良く」過ごせた会ではなかった。
もともと今回で幹事を下りることに決めていたが
さらにその気持ちは強くなった。
こんな訳のわからない女と
これからも一緒に幹事をやるなんてまっぴらご免だ。

あ~・・・とにかく終わった。
これからは自分のことを考えなくては。
[PR]
by arnulfstr | 2012-06-11 16:14