いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

それでも届く郵便

3月の初めに元旦那宛の郵便を会社宛に送った。
その際、郵便物の転送手続きをしてほしいと
メモを入れてお願いしたつもりだったが
今日また元旦那宛の郵便がたまたま2通同時に届いた。

1通は車のディーラーからの
どうでもよい郵便物であったためシュレッダーにかけた。
もう1通は元旦那の同級生からの転勤の挨拶状である。

結局、メモを入れたところで
何も手続きをしていないということだ。
転送する手間も、こちらが負担する送料も考えず
申し訳ないという気持ちもないのだろう。

今回のものを含め、今後これらを転送するつもりはない。
とりあえず手元に保管はするがそれだけだ。
すでに元旦那が家を出て1年3ヶ月以上が過ぎ
離婚届を提出してからも間もなく9ヶ月。
とっくに他人であり、私には何の義務もないのである。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-30 19:33

届いた報告書

時を同じくして今、検察庁から通知書が届いた。
私が希望した主犯格の男の半年毎の報告である。

すでに2度の前科があるこの男には
今回の詐欺で12年の実刑判決が出た。
私たちから騙し取ったお金で高級車に乗り
毎日寿司だ、天ぷらだ、ステーキだ、懐石料理だと
贅沢三昧の生活をしブランド物を身にまとっていた。

裁判を傍聴に行くと逮捕後に身体を壊したとかで
結局、判決後に入ったのは医療刑務所だった。
つまり刑務所とは名ばかりの病院である。

今回の報告を見る限り
この半年も作業はしておらず「休養」。
受刑態度の評価も良くない。

この男の命令で犯罪を犯した下っ端は
自己破産したと言うのに、自分は休養。
こんなことが許されるのだろうか。

これまで、この報告は会社宛に送ってもらっていた。
元旦那は私が詐欺に遭ったことも知らなかったため
自宅への送付は避けてもらったのである。
けれど今後は自宅宛てに送ってもらうようにお願いした。
見られて面倒な相手はもういないのだ。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-27 15:22

今また詐欺事件

私は4年ほど前に入った会社で詐欺に遭った。
結果的にはそのうちの5人を刑事告訴したが
実際には被害額の補償は未だに無いままである。

そのうちの1人が今回自己破産した。
私の手元には東京地裁から「破産手続開始通知書」が届き
4月20日午後5時に
破産手続開始決定がされた旨のお知らせと
5月25日まで債権届出期間が設定されているので
届け出るのであればとそのための用紙も同封されていた。
さらに「財産状況報告集会」が6月16日にあるらしいが
何だか難しくてよくわからない。

この男は懲役3年の判決を受け、執行猶予が5年ついた。
現在はまだ執行猶予中の身である。
裁判を傍聴して分かったことだが東大を出ていた。

私は債権の届け出をするつもりはない。
被害に遭ったのは大金だったが
この男は主犯に命じられて手伝っただけの下っ端で
元は私と同じ被害者だったのである。
実際、詐欺で集めたお金はこの男の懐には一銭も入らず
全ては現在医療刑務所に入っている主犯格の男に渡った。

私にとってはもう忘れたい過去のことである。
それでも主犯格の男の現在の状況は私の申請に基づき
半年毎に検察庁から報告をもらっているし
当時お世話になったマスコミの人とは
未だに連絡を取り合っている。
少なくとも、主犯格の男が12年の刑期を終える最後まで
しっかり見届けるつもりだ。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-25 15:12

GWは大掃除

毎年GWにはガーデニングをするが
今年はチューリップの球根を掘り出す6月上旬まで
花壇はそのままにしておかなければならない。

ということで今年のGWは
「大掃除第2弾」を行うことにした。
第1弾は元旦那が出て行った後
かなり大幅に片付けたが、今回は視点を変え
1人暮らしに必要なもの以外は
思い切って処分することにした。

大震災以後も相変わらず余震は続いており
聞くところによれば
首都圏に直下型の大地震が来る可能性もあるらしい。
その時どこにいるかどう行動したかで
生死を分けるかもしれず、これまで以上に
「明日はどうなるかわからない」と感じる。
だからこそ、後悔のないように
やりたいことはやり、会いたい人には会い
言いたいことがあれば言っておくつもりだ。

それと同時に
改めて生活のシンプルさが大切だと思う。
今回の大掃除とともに
書き始めた「エンディングノート」を
完成させることも目標にしたい。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-21 14:48 | 我が家

チューリップ畑

週末、1泊で温泉に出かけている間に
チューリップが咲き始めていたようだ。

e0221572_16473030.jpg


温泉で癒され、チューリップたちに癒され
私はますます元気である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-12 16:48 | 我が家

お通夜・・・

中学時代の恩師の奥様が亡くなり、今晩がお通夜だ。

先生は私の1年生の時の担任であり、学年主任であり
毎回、同窓会には必ず顔を出してくれている。
数年前からは奥さまの介護をご自身でされていて
ヘルパーさんの力を借りながら
下の世話を始め、何から何までやっていると言っていた。
「今まで苦労かけて来たから何てことないよ」
と言う先生だった。
ところが一昨年、息子さんが病気で亡くなった。
そして今度は奥様である。
先生はさぞかし力を落とされていることだろう。

お通夜には同窓会の幹事である私たちを始め
同級生たちが相当数参列すると思われる。
最近では年齢と共に
こういった場で同級生たちと会うことが多くなった。

けれど、実のところ私の気持ちは複雑だ。
何を隠そう、その斎場は
8ヶ月前に父を火葬した場所なのである。
行けばその時を思い出さずにはいられないだろうし
できることならパスしたいと言うのが正直な気持ちだ。
最近でこそ、突然泣きたくなることは減ったが
それでもまだ父のことを口に出すことはできない。

お焼香だけさせてもらい
今日のところは早々に失礼しようと思う私である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-08 13:18

我が家は空き家?

帰宅するとポストにメモが入っていた。
町会の班長さんからだった。

いつ訪ねてもうちが留守なので
去年の町会費が未収になっていると言う。
そして今後についてどうしたいのか
確認したいので電話をくれと書いてあった。
え??
こちらこそ町会費の集金が来ないので
どうしたのかと、先日もお隣に確認したところだ。

もともと班長は4ヶ月毎の持ち回りになっていて
そろそろうちの番のはずだったが
回って来ないのでおかしいと思っていたところだ。
話が見えない。

近所なのだから電話より行く方が早い。
さっそくその方の自宅へ伺い話を聞いて来た。
班長については、引退されたその方が
しばらくやってくれることになったそうで
順番が回って来ないことはそれで納得した。

メモにあったように何度か訪ねてくれたそうだが
たまたまタイミングが悪かったのだろう。
「留守にしてることが多いようですね」
と言われた。
そりゃあ、フルタイムで仕事をしているのだから
平日の昼間は留守だ。
息子はいるだろうが、その時間は爆睡している。
けれど週末はほとんどいるのだから
留守が多い、と言われるほどではないと思う。

けれど、挙句の果てに
いつ行っても留守で電気も消えてるから
もしかして住んでないのではと考えたらしい。
本部に「空き家かもしれない」と報告したそうだ。
当然本部としては、住んでいない家なら
町会費はもらえないだろう・・・となったらしい。
あり得ない。

確認してもらえれば
住んでいるかいないかは一目瞭然だ。
洗濯物は毎日ベランダに干しているし
花壇だって最近はマメに手入れしている。
何より隣近所に聞いてもらえば分かることだろう。
正直、カチンと来た。

私は去年の分と今年の町会費を払い
今後も何かあった時にはメモを入れてもらえば
こちらから連絡すると言った。
ついでに名前も訂正してもらうつもりでいたが
とてもそんな気分になれなかったので
そのまま帰って来た。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-05 13:16 | 我が家

チューリップ♪

毎日見ていても
その生長ぶりに驚かされる最近のチューリップ。

e0221572_1031773.jpg

ついにつぼみもここまで出て来た。

e0221572_1041973.jpg

この1週間が暖かくなれば咲き始める日も近いだろう。
少し、花たちに癒されたい今日この頃である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-04-04 10:06 | 我が家