いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

息子の友人に考えたこと

私たち家族は4年間ドイツで暮らしたことがある。
当時の友人たちとは今も親しく付き合っているが
小4~中1までをあちらで過ごした
息子もそれは同じである。

先週末も当時の同級生仲間と飲みに行った息子は
終電が無くなったからと言って
真夜中に友達を連れて来た。
モチロン、当時私も知っていた子である。

翌日、昼頃起きて来た彼と久しぶりの再会を果たすと
しばらく話し込んだ。
「大きくなったねぇ」
と言う私に彼が言う。
「おばさん、全然変わってない~。
え~うちの母親と大違いですよ」
13年ぶりに会う彼にそう言われて悪い気はしない。

そしていつしか話は結婚のことになる。
彼には3年付き合っている女性がいるが
どうやら結婚に踏み切れない問題があるらしい。
よくよく聞いてみれば、女性の歳は42。
息子と同じ歳の彼は27である。
しかも彼は姉2人の長男であり
複雑だろう親の気持ちは察しがつく。
彼の両親はことあるごとに
「孫の顔が見られないのは寂しい」
と言うそうだ。

今の時代、子供については色々な考え方があるが
確かに孫の誕生を楽しみにする親からすれば
いくら息子の気に入った女性でも素直には喜べないだろう。

私は彼が帰った後、これが自分の息子だったらと考えた。
・・・いい人だとしても、やはり悩むに違いない。
先日亡くなった伯父は、伯母より19年下だったが
それでも歳の差婚をこれほど身近に感じたのは
今回が初めてである。
[PR]
by arnulfstr | 2011-10-27 15:36 | 家族

元気回復~!

かなりマイナスパワー全開の私だったが
すっかり気分爽快♪元気いっぱい♪となった。

実は一昨日、帰宅途中に
仕事がキャンセルになった同級生からお誘いメールを受け
急きょ飲みに行くことになったのである。
ちょうど誰かと話したいと思っていた私には
まさにドンピシャのタイミングだった。

私の中学時代の同級生は当時から仲が良く
それは30年以上たった今でも変わらない。
みんなそれぞれに家庭を持ってはいても
何だかんだと集まったり温泉に出かけたりする。
そして私はその性格からか男の友達が多く
未だに男女を全く意識しない付き合いをしている。

ということで彼とは3時間ほど居酒屋で話をした。
彼の仕事は日本だけでなく
他国の資金をも運用する大変な仕事である。
そのため政治家を相手に勉強会をすることが度々あり
そんな話を聞いているだけでも楽しい。

彼は当時からよく気のつく優しい性格で
この日も私のテンションが低いことに気付くと聞き役に回り
その後、カラオケに誘い出してくれた。
2人で交代に声を張り上げ歌い続けるうちに
私の気分はスッキリ!元気復活となった。
単純と言えば単純な私である。

今さらながら友達のありがたさをつくづく感じた日だった。
[PR]
by arnulfstr | 2011-10-20 16:45

負のオーラ

先日の「中締めの会」には予定通り7名が集まった。
工事会社からは社長のMさんと事務員の女性。
塗装業者さんとその奥さん、そして友人ご夫婦と私である。

もともと私は知る人ぞ知る人見知りだ。
さらに初対面の奥さんのパワーに押され
この私がほとんど話すことなく聞き役となった。
飲み会ではあまりないことだ。

残る6人は仕事でも共通する話題があり
専門的な話になれば私は口も挟めない。
正直、ギックリ腰による体調不良もあって楽しめなかった。

自分で言うのも何だが
今の私は負のオーラでいっぱいなのだと思う。
会社のことや仕事のことで行く先に明かりは見えず
不安だらけの毎日にテンションは低い。
さらに繰り返すギックリ腰や緑内障や脳梗塞など
健康面での不安も山ほどある。

先のことは分からないのだから考えても仕方がない。
そうは思ってもスッキリとは割り切れないこの気持ち。
出るのはため息ばかりだ。

このブログにも楽しいことをたくさん書くつもりでいたが
フタを開ければ暗い話題ばかり・・・。
いっそ閉鎖してしまおうかとも思う。

ちょっと気分転換が必要な私である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-10-19 15:44

まだ入る留守電

帰宅すると留守電が入っていた。
「△△ですけど14日参加できなくなりましたので
よろしくお願いします」

△△さんというのは元旦那が最初の会社でその昔
同じ部署にいたことのある先輩である。
社宅が一緒であったため奥さんと私は仲が良く
家族ぐるみの付き合いをしていた。
当然、私たちの離婚のことは知っている。

この留守電を無視するか・・・
元旦那にメールするか・・・しばし考え
私は奥さんにメールした。
「もしかしてうちの留守電に14日の件で
メッセージを入れてくれたのはご主人でしょうか?
〇〇とは現在全く連絡を取っていませんので
携帯に再度連絡して頂ければと思います。
お手数をおかけします」

返信はすぐに来た。
「やはり△△が誤ってしまったようです。
失礼いたしました<(_ _)>」

久しぶりに元旦那を思い出した昨日だった。
[PR]
by arnulfstr | 2011-10-13 14:52

今日は「中締めの会」

結局「工事の中締め会」は今日行われることになった。
7時から3時間の飲み放題付コースで
参加者は最終的に2人増え、合計7名となった。

実は私は日曜日、ギックリ腰を発症した。
2日間は安静にしていたが
有休も少ないため会社には休まず出社している。
けれど実は痛みは取れておらず
現在も腰痛ベルトをしっかり装着している。

そんなわけでこの飲み会も一時は延期を考えた。
何も今やらなくてもまた機会があるだろう。
けれどこの先しばらくは日程の調整が難しいことがわかり
お店もすでにキャンセル料が発生することから
予定通り集まることになった。
モチロン、私は体調を見ながらの参加で
調子が悪ければ先に失礼しようと考えている。

それにしても繰り返すギックリ腰には閉口する。
これからもこうして年に1度は発症するのだろうか。
それが自宅にいる時ならまだしも
外出先であったなら・・・と考えると憂鬱でしかない。
[PR]
by arnulfstr | 2011-10-12 14:54

中締め会?

残念ながら雨漏りが直らなかったため
完全な工事の終了ではないが
とりあえずのケジメで工事代の振込みを済ませた。
今後は雨漏りの原因解明と修理にかかる。

実はその前に代表者のMさんからお誘いがあった。
工事の「中締め会」をやろうと言うのである。
メンバーはMさんと会社の女性社員
そして今回もお世話になった友人夫妻、私。
こうして出会えたのも何かの縁・・・
とにかく何でもいいから飲みましょう!
というのが本当のところらしい。

現在、日程を調整中の段階だが
近いうちには実現するかもしれない。
これから先も新しい出会いは
大切にしていきたいと思う私である。
[PR]
by arnulfstr | 2011-10-05 14:34