いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

疲れた・・・

10日後に迫った同窓会に向け、準備も最終段階である。
私はすでに今回で幹事を下りることを宣言したが
その気持ちはいよいよピークになりつつある。

幹事とは名ばかりでこれまで何1つやりもしないくせに
最後の打ち合わせにだけ出てきて仕切る子がいる。
転居先不明でハガキが何枚も戻った時
私は幹事全員に向け、その旨をメールした。
すると、その彼女から返信があった。
「〇〇さんのお兄さんは
××通りで寝具店をしていたと思います。
調べたら電話番号が分かりました。
△△△-△△△△。
かけたら〇〇さんの連絡先がわかると思います」
・・・え!?私にかけてみろってこと??

彼女も幹事である。
しかもこれまで何1つ手伝ってもいない。
私は返信した。
「そこまで調べてくれたなら
直接連絡してくれてもいいんじゃないかな。
私1人が幹事じゃないんだから」

昨日、彼女はそのことを恩着せがましくみんなに言った。
「私が調べたんだから」

あのね、私はあえて言わないけれど
戻った分はあちこちに連絡して新住所を突き止め
そのたびに郵便局に往復ハガキを買いに行っては印刷し
再送してるんだよね・・・。
そんなの幹事なんだから当たり前のこと。

正直、私はドッと疲れた。
その後、みんなで食事をした時も1人しゃべりまくりで
自分が山登りで捻挫した話を1から10まで。
幸い、シラけたのは私だけではなかったが。

あ~あとは当日の1日のみ。
あと1日我慢すれば幹事の仕事ともおさらばだ。
待ち遠しいな。
[PR]
by arnulfstr | 2012-05-30 15:50

今また人生の岐路・・・

テナントの1つが11月末に出ることになった。
さらにはうちの関連会社であるIT関係の会社も
予定を早め、どうやら9月末に解散するらしい。

すでにこのビルはテナントの半分が去り
表示板もスカスカのガラガラビルである。
誰が見ても売却準備に入っているとしか思えない。

私は今、悩んでいる。
すぐに次の仕事を探すべきなのは分かっているが
一方では、どうせなら最後まで見届け
会社都合の解雇で失業保険をもらうのも手かなと。
どうせこの歳まで来た1~2年なら
少し遅くても大差はないのかも・・・と考えてみたりする。
でも、保険は考えず
がむしゃらに転活する方がいいのかな・・・。

こんな時こそ、例の友人に相談すべきかもしれない。
彼女には私の将来が見えるのだから
「今」がいいか「あと」がいいのかのアドバイスは
しっかりとしてもらえるだろう。

離婚以来、間違いなくまた人生の岐路にいる私である。
次から次・・・詐欺に遭ってからロクなことのない
私の人生後半である。
[PR]
by arnulfstr | 2012-05-18 16:37 | 会社

不倫の代償

私は中学校の同窓会の幹事をしているが
それも今回の同窓会で終わりにしようと思っている。
これまで色々なことがあり過ぎ、正直疲れた。

私たちの、4年に1回オリンピックの年に開く同窓会。
今年は来月の9日に予定されている。
ところがこの4年の間に事件が勃発した。
同級生同士の不倫である。

それは4年前、前回の同窓会に遡る。
私たちの学年には同級生同士の夫婦が3組いる。
そしてこの夫妻はそのうちの1組であり
夫婦そろって幹事をしている。

早い話がその旦那Aが、前回の同窓会で再会した
バツイチのCと浮気をしたのである。
ちなみに旦那A、妻B、浮気相手Cは同じクラスであり
AとCはその昔付き合っていたこともある仲だった。
まぁ、よくある焼け木杭に何とやらである。

モチロンAは妻には内緒でCと度々会っていたが
ある時、C宛のメールを誤って妻に送ったことでバレた。
ただ、その段階では相手がCであることは
妻には知られていなかった。

妻がCと旦那のメールのやりとりを盗み見しては
私に相談してきたことから
私はこの泥沼に巻き込まれることとなった。

当時私は元旦那との離婚に向け闘っている最中で
とても人の相談に乗る心の余裕はなかったが
それでも泣きつく彼女を突き放すことができなかった。
私がお世話になっている弁護士を紹介したり
色々な手続きについて調べてあげたりもした。

詳しく書けばとてつもなく長くなるので省略するが
結局、妻Bは浮気の現場を押さえるために
300万円を使って私立探偵に調査を依頼した。
証拠が出るまで最長で3ヶ月張り込むとの予定だったが
1ヶ月に3回もデートしていたことで証拠は簡単に取れた。

現在の浮気調査は写真だけでなく
その全てをDVDに焼いて提出してくれるらしい。
しかもショックを受けた妻のため
その後にカウンセリングが付くと言うから驚きだ。

ともかく、それで相手が
自分も知る元クラスメイトCだと分かった妻は
Cを相手取り慰謝料を請求した。
相場は一般的に50~300万円位らしいが
妻は500万円請求し、Cも当然弁護士をたてた。

その結果がどうなったのか、私は知らない。
ただ、今現在も夫婦のままであるところを見れば
元のサヤに納まったのだろう。
元々、この夫婦が別れようが元に戻ろうが
私には何の関係も無いことであり興味も無いが
さんざん振り回された私はいい迷惑だった。

そして、そのABCが関係する同窓会がやって来る。
当然Cは欠席するものと思われるが
何と言っても驚いたのは、妻Bの発言である。
「Cをこの先一生同窓会に出て来させないように
私がずっと幹事をやり続ける」
彼女がそう宣言していたと先日友人が教えてくれた。

モチロンその気持ちは分からないではない。
奥さんが自分の知り合いと知っていながら
Aと不倫したCが悪いことも確かである。
けれど自分の旦那Aに非はないのか・・・。

2人のしたことは許されないことではある。
けれど、だからと言って
Cが同級生たちに会う機会を奪う権利がBにあるのか。

知らせてくれた友人は男だが、彼も言っていた。
「それってどうなんだかね・・・」
私も何だか割り切れない。

そしてCからの返信ハガキは
今日現在まだ届いていない・・・。
[PR]
by arnulfstr | 2012-05-15 10:18

最悪のタイミング

6月に開催する同窓会の案内を連休明けに発送した。
今回は生徒139+先生5で合計144枚だ。

昨日、最初の返信ハガキが戻って来た。
・・・最悪だった。

A組の男子のお父さん名で届いたそのハガキには
同窓会、二次会とも欠席にチェックが入れられ
「〇〇は平成24年5月5日心不全で亡くなりました」
と書かれていたのである。

何と、先週土曜日のことであり
ハガキが届いたのは彼が亡くなった2日後だ。
・・・こんな最悪のタイミングがあるだろうか。
息子を亡くした現実も受けとめられないうちに
息子宛の同窓会の案内が届くとは・・・。
余計に悲しませてしまったに違いない。

モチロン私のせいでもないのだが・・・凹んだ。

ちょうど10年前
同窓会の名簿作りを開始した時もそうだった。
私は幼なじみの同級生に電話をかけたが
何と、その日に彼は亡くなったばかりで
まだ病院から戻っていないというタイミングだった。
電話に出たおじさんは
「〇〇くんいる?」という私に
「〇〇、死んじゃったよ・・・」
と言い、私は冗談だと思った。
けれど電話を代わったおばさんと話して
それが真実だと知り、私は言葉を失った。

私たちの同窓会は4年に1度開くことにしているが
この歳になると4年は長いと改めて思った。
現に今年は2月に1人の同級生を亡くし、そして今回である。
これから先も当然起こるだろうことではあるが
さすがに今日の私はテンションが低い。

そういう歳なのだから仕方ないとは思っても
それでも同級生の死はショックだ。
[PR]
by arnulfstr | 2012-05-09 10:15

千客万来

連休前半、同級生仲間が遊びに来てくれた。

最初の日にやって来た男子2人は
1ヶ月ぶり2度目である。
今回はDVDの編集作業をメインに来たのだが
結局2人は時間を調べ終電ギリギリまでいた。
彼ら曰く「とても居心地がいい」のだそうだ。
何をお構いするわけでもないが
こんなに嬉しいことはない。

元旦那と家庭内別居を続けていたあの頃
リビングには大きな綿ボコリがゴロゴロしていたが
それでも誰も掃除することはなかった。
近所まで来たからと友人夫婦が訪ねて来た時も
玄関先で応対し、帰ってもらった。
とても人を上げられるような家ではなかった。
前回友人が遊びに来たのがいつだったのか
今となっては思い出すこともできない。

それが離婚し、私の家になったことで
思いっきり断捨離しスッキリした。
今はいつ誰が来ても喜んで上がってもらえる。
「居心地がいい」
これ以上の褒め言葉があるだろうか。

別の日には女子たちが遊びに来てくれた。
母親がデイサービスに行ってる間しか時間が無く
夕方には帰って行ったが、こちらはアルコール抜きの
お茶だけでも十分楽しかった。
女には女だけの話があり、それで励まされたり
元気をもらったりするのである。

人がたくさん遊びに来てくれる家・・・
これからもそんな家であり続けられたらと思う。
[PR]
by arnulfstr | 2012-05-02 15:38