いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

恐るべき真実

私には特殊な能力を持つ友人がいることは書いた。
人に見えないものが見え、聞こえないものが聞こえ
人の人生をも見ることができる友人である。

私は今回、会社が近い将来無くなるだろうことで
将来の見通しが立たなくなり不安を抱えている。
この先どう進むべきか・・・どう生きるべきか。
さすがにここのところの気分は落ち込むばかりで
不眠も続き体調も崩している。
これ以上悩むことにも疲れたので
ここは彼女に助けてもらうことにした。
彼女に見えているものがあれば
アドバイスをしてもらおう。

ということで日曜日
忙しい中、時間を割いてくれた彼女とランチした。
彼女の1番のお薦めは
この先もず~っと息子と同居することだそうだ。
今、息子が付き合っている彼女と結婚すれば
私たち3人は最強の組み合わせだと言う。
嫁となる彼女とも、いい関係を築けるそうだ。
その場合、私は今の会社に最後の最後まで勤め
あとはパートか契約社員で仕事を探せばいい。

彼女には当然、うちの社長のことも見えている。
簡単に書けば
2年後に会社を締めるようには見えないらしい。
私が社長の性格を理解し、サポートすることで
会社は別の方向に行くことが考えられ
当然仕事も続けられる可能性があるらしい。

ここまでの2つは、正直受け入れるのが難しい。
私は今から息子たちと同居したいとは思わないし
人間として呆れている相手である社長に対し
見方を変えることはかなりの努力が必要である。
けれど、そうするのがベストだと彼女は言う。

さらに驚くべき大きな問題があった。
「実は私、ずっと気になってることがあったんだよね」
突然彼女は言い出した。
「でも、これでハッキリした」
彼女は私が書いたメモを見てうなずいた。
そこには私、社長、元旦那、息子、現在の彼女
そして娘の名前と生年月日が書かれている。

「最近、健康診断受けた?不整脈なかった?
今日会った時、最初に見えたんだよね・・・心臓。
動悸とかあるんじゃないかな」
私はドキッとした。
実は誰にも言っていないのだが
ここ1年くらい突然動悸に襲われることがあるのだ。
普段は何でもないのだが、何の前触れもなく急に
心臓が飛び出るほどのドキドキドキという動悸。
それはいつも決まって家にいる時に起こり
このまま死ぬのかと不安になる。
春の健康診断で相談してみようかと思ったほどだ。
彼女は言った。
「それ、検査しても何も出ないよ。
原因は元旦那だから・・・元旦那の生き霊だよ」
・・・え?

彼女は私の書いた元旦那の名前を見て言った。
「この人ね、ものすご~く執念深い人だよ。
あ~・・・何でこんな人と結婚しちゃったの?」

彼女の話をまとめるとこうだ。
元旦那は未だに私と家に対して執着している。
娘は元旦那と父の日などに会っているようだが
彼女に全く悪気はないものの、そんな中で
元旦那の執着心はどんどん大きくなっているそうだ。
さらに元旦那は、離婚に対しても全く納得しておらず
なかなか直らない雨漏りは
元旦那の生き霊によるものだと言う。
私の気分が落ち込んでしまっているのも
元旦那がそうさせているのだそうだ。

生き霊と言うのは厄介な物で
特に元旦那のように異常な執着心を持っていると
なかなか払うことが難しいようである。

そこで彼女の言う息子たちとの同居話が出る。
実はこの3人が一緒に住むことで
最強パワーとなるらしく
生き霊をガードできるのだそうだ。
息子は生まれつき、そういう力を持っているらしい。
ただ、彼女は今の家を売るべきだと主張した。
元旦那の執着心はこの先も無くなることはなく
それがさらなる問題を起こす前に
3人で別の場所で暮らす方がいいそうだ。

・・・私は言葉を失った。
元旦那は執念の塊らしく
離婚されたことも家を取られたことも納得していない。
そしてそれは生き霊となって家に憑き
さらに私にも憑いて体調不良や不安感をあおっている。

彼女の話を信じるかどうかは自由である。
けれど私は周りの人の話や
彼女自身の経験談を聞き、彼女の力は本物だと思う。
そして今回
彼女は見えたことをちゃんと伝えてくれている。
さらに元旦那の性格を考えた時
私は確かにそうかもしれないと納得できた。

彼女のアドバイスに添えれば
間違いなく今より明るい未来があるのだろう。
けれど実際、実現にはどれも努力が必要であり
ましてや家については
あと10年は住むつもりでいただけに
正直、どうしたものかと考えてしまった私がいる。

それでも彼女と話した後
妙に気持ちがスッキリしたのはなぜだろう。
「私が今ここで生き霊が原因だと口にしたことで
少しはパワーが落ちると思うよ」
彼女はそう言っていた。
[PR]
by arnulfstr | 2012-07-24 13:29

伯母入院

九州地方で降り続いた大雨は
父の兄弟の住む町にもかなりの影響を及ぼした。

電話で現地と話した母によれば
避難するところまでではないものの
大雨で家が雨漏りし始めたそうだ。
けれどとりあえずは大丈夫そうとのことで安心した。

ところがそこで思いがけない事実が発覚した。
3月末に帰った伯母が転んで腰を打ち
もう半月くらい入院していると言うのである。
歳も歳なので、そのまま寝たきりになってはと心配したが
現在伯母は一生懸命リハビリに励んでいるそうだ。
実際、伯母のいる病院近くまで水がつき
早く退院してほしいと言われているらしい。

けれど伯母の娘は
自分を残して上京した伯母を母と認めておらず
さらには口だけは達者な伯母を娘婿までもが嫌い
「かわいくないババア」と言われているようだ。
義理の息子と言っても、ほとんど初対面のような状況で
伯母も口を開けば
「帰りたい」「来るんじゃなかった」と言っていれば
その関係たるや良好になりえない。

伯母は孫とひ孫と同居しているのだが
料理などはさせてもらえないようで
食事はすべて近くの娘宅で食べさせてもらっているらしい。
これで寝たきりになれば何を言われるか分からない。
だからこそ、必死にリハビリを頑張る伯母なのだろう。
長い間の1人暮らしから一変した毎日。
気の強い伯母だからこそ乗り切れているのかもしれない。
[PR]
by arnulfstr | 2012-07-20 14:17 | 家族

あと2年・・・か

予想はしていたが、いよいよ期限が見えて来た。
私の会社はどうやら26年までのようである。

現在営業している3つの飲食店は来年の2月
お店の経営権をそのまま譲渡するらしい。
と言っても、正式な契約を終えたわけでもなく
話がまとまってもいない段階である。
にも関わらず、すでに店の従業員にはその話をし
継続してそのまま働けるから問題はないと言った。
決まってもいないことを言い切り
いざ、フタを開けたら話が違う・・・とならない保証はない。
実際、社長はこれまで好んで高齢者を採用しているが
新しい経営者がそれを良しとするかは分からない。

そして現在私たちのいる自社ビルの
耐震期限が平成26年までだそうだ。
このビルは旧耐震ビルであるため
それ以降の使用は補強や建て替えが必要になるらしい。
けれど社長にはそれだけの資金はなく
息子も跡を継がない今となってはそこまでやる気もない。
実際のところ、頭もおかしくなりつつあり
この先も1人であれば、続けることは不可能だろう。
つまり社長はその26年を区切りと考えているのだ。
ただ、その段階で残っているテナントがあれば
すぐに閉めず出て行くのを待つ可能性はある。
1年程度の誤差はあれど
私の未来が真っ暗であることに変わりはない。

人間、死ぬ時には帳尻が合うようになっているらしい。
それはつまり、どちらか片方だけの人生ではなく
いいことと悪いことが同じだけ訪れると言うことだ。

私は離婚まで、平和に普通に暮らして来た。
だからこの先はきっと苦労の多い人生だろう。
詐欺に遭い、持病を抱え、今また仕事が無くなる。
どう考えても離婚後の人生は波乱万丈だ。

ため息しか出ない・・・。
またしてもそんな眠れない日々を過ごしている。
[PR]
by arnulfstr | 2012-07-10 13:41 | 会社

残念な訃報

同窓会が終了して1ヶ月近くが経った今週初め
帰宅すると封書が届いていた。
差出人に心当たりはなかったが
その苗字で「もしかしたら」と思った。

実は今回の同窓会の案内を送った段階で
卒業時に私の担任だった先生のみが
残念ながら音信不通になってしまっていたのだ。
以前入所していた施設に問い合わせると
すでに先生は退所されたとのことだった。
郵便物はご家族が転送手続きをするため
詳しいことは施設でも分からず
連絡先も個人情報で教えてもらえなかった。
そして同窓会当日は
みんなにその通りに報告をしたところだった。

残念ながら予感は的中してしまった。
中には昨年の喪中ハガキが入っており
それによれば、先生は昨年9月末に永眠されていた。
あ~何ともショックである。

4年前の同窓会には来てくれたが
その時が先生に会った最後となってしまった。
当時が80代前半であったと思うが
とても残念で寂しい現実である。

先生のご冥福を祈りながら
私は同窓会に来てくれた全員にこの訃報を知らせた。
親や恩師を見送る歳になったのだと改めて思った。
[PR]
by arnulfstr | 2012-07-05 11:37