いつも笑顔でいたいから

arnulf.exblog.jp

熟年離婚、その後。

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やっと一段落

私にとって激動の1年が終わろうとしている。

その後、息子は入籍を済ませた。
クリスマスイブの24日である。
結局、日程の調整がつかずに
あちらのご両親との顔合わせは年明けになったが
息子との結婚は喜んでくれているようである。
ホッとしたと言うのが正直な気持ちだ。

そして娘の子供は男の子だと言うことが分かった。
娘婿が長男であることを思えば
とりあえず男の子を産んでおけば安心だろう。
実際、2人いる妹さんには
それぞれ女の子が産まれており
男の子の孫が初となるご両親も大喜びである。

おかげさまで今年はめでたい話で締めくくれそうだ。
親友の死や会社の閉鎖で凹んだスタートとなり
無事に新しい年を迎えられるかも分からなかったが
本当にありがたいことである。

たまにしか更新しないこのブログだが
懲りずに訪ねて下さった皆さんに感謝だ。
「ありがとうございます。
どうぞ良いお年をお迎え下さい」
[PR]
by arnulfstr | 2013-12-27 17:19 | 家族

嫁と初対面

午後、息子が彼女を連れて来た。
この度「デキ婚」することになった彼女・・・
つまりは我が家の嫁である。

先週金曜日に先方のご両親に挨拶を済ませ
次は私のところへ来たというわけである。
訊けば、金曜日には
同席していた彼女の独身の兄は
感激して大泣きしたそうだ。
お父さんも大喜びしてくれたそうで
夕食後は揃ってカラオケで盛り上がったらしい。
それを聞き、私もホッとした。

彼女は息子より3つ年下だが
話した感じはなかなかしっかりしていると感じた。
予定日は7月8日だそうで
最近になってかなりつわりがあると言う。

私は早速
デキ婚については腹を立てていることを伝え
これから先についても
私をあてにしてもらいたくないとハッキリ言った。
私はやっと本物の自由を満喫できるようになったわけで
当分は誰にも邪魔されることなく
大いにこの状況を楽しむつもりでいる。

とりあえず、式はやらないが年内には籍を入れ
披露宴はパーティー形式で
子供が産まれたあとにやりたいとのことである。
もちろん近いうちに
顔合わせの食事会だけはする予定だ。
ただ、娘はこのデキ婚を良く思っておらず
弟に対して怒りを爆発させている。
「顔合わせには出ない!」
と言っている姉をどう説得するか・・・。

さらに父親とは年明けに食事をする約束があり
その時に彼女を紹介するつもりだそうだが
すべてを一気に知らされた元旦那が
すんなりと認めるとは思えない。

息子にはまだまだ問題が山積みだ。
[PR]
by arnulfstr | 2013-12-08 19:55 | 家族